外付けの食洗器を検討している場合の注意点とメリット

食洗器12

家事や育児、そして仕事と毎日忙しくバタバタ過ごしている人にとって、食洗器はまさに強力な助っ人になってくれます。ですが、最初からキッチンにビルトイン型の食洗器が組み込まれていない場合、どうすれば付けられるのか疑問に思いますよね。

ここでは、その疑問や設置する時に考えておいた方が良いこと、そして食洗器を設置することのメリットなどをお伝えしていきます。

キッチンのリフォームを行う

まずはキッチンをリフォームし、その際にビルトイン型の食洗器を組み込んでしまうパターンです。これは最も大掛かりな工事となります。まず食洗器を設置するために、水道の配管工事や電気工事が必要です。また、リフォームに関してキッチンのショールームに行ったり、打ち合わせを何回もするという手間が増えてきます。

そのため、多くの日にちや金額がかかるでしょう。ですが、仕上がりとしてはビルトイン型にすることでキッチンカウンターの上がスッキリとした状態を保てますし、キッチン自体を新しくすることができるというメリットがあります。

もっと手軽に食洗器を設置したいという方には、後述する外付けタイプの食洗器がおすすめです。

外付けの食洗器を設置する

食洗器25

外付けタイプの食洗器とは、いわゆる据え置き型の食洗器と呼ばれているものです。

設置する場所としては食洗器を使う際の作業の流れを考え、シンクでササっと残飯を落としてから食洗器の中に入れやすいように、シンクのすぐ横に設置することが望ましいです。

離れているとポタポタ水が落ちて、周辺が汚れてしまいます。設置する際もシンクの蛇口に分岐水栓を取り付けて食洗器と給水ホースをつなぎ、コンセントにつなぐだけの非常に簡単な工事のみで設置することができます。なお、分岐水栓は蛇口の種類によって異なってきますから、事前に確認しておくなど注意が必要です。

外付けタイプの食洗器の種類

外付けタイプの食洗器の種類は様々あります。約5人分の食器が洗えるレギュラータイプや約3人分の食器が洗えるプチタイプなど、家族構成や設置できるスペースの広さに合わせて選択すると良いでしょう。また、スタンダードな機能が揃っているタイプから高機能タイプまでグレードにもバリエーションがあるため、希望や金額と比較しながら自分にピッタリのタイプを選ぶのがおすすめです。

外付け食洗器を設置するときに検討しておきたいこと

まずは設置できるスペースがあるか調べましょう。設置したい食洗器が決まったら、それを設置するために必要になってくる設置寸法を調べます。これは、その食洗器自体の寸法とは異なる点に注意しましょう。当然、食洗器の側面や背面、上部にもある程度の空間が必要になってくるため、余裕を持っておくことが大切です。

また、キッチンに吊り戸棚がある場合も注意が必要です。設置寸法はメーカーのホームページでも調べられる他、家電量販店などで手に入れられる食洗器の商品カタログでも見ることができます。扉を開けた時の寸法も確認しておき、実際に使う際にはどこまでスペースが必要になってくるのかイメージを付けておくと良いでしょう。

また、食洗器を設置したい場所の近くにコンセントがあるかどうかやシンクについている蛇口のメーカーや型番も調べておくと安心です。これを元に適合している分岐水栓が何か調べることができます。

食洗器を使う際に注意しておきたいこと

食洗器22

食洗器を使う際は、たくさんの電力が必要になってきます。特に外付けタイプの食洗器の電源を既存のコンセントにつなぐ場合、食洗器を使うのと同時に電気ポットなどでお湯を沸かしたり、電子レンジやトースターなど消費電力の大きい家電製品を使用するとブレーカーが落ちてしまうことがあります。

食洗器を一旦スタートするとしばらくの間動き続けるため、他の家電製品を使いたい場合は計画的に使うことをおすすめします。また、食洗器に食器を入れる際にはコツが必要になります。庫内のノズルや水流の動きの関係からどうしても汚れが落ちやすい食器の向きというものがあるからです。

最初は取り扱い説明書を見ながら食器を入れていくことになるため、慣れるまでは少々時間がかかるかもしれません。ですが、慣れてしまえば簡単ですから、素早く入れていけるようになるでしょう。さらに、食洗器には専用の洗剤が必要になってきます。

しかしながら、食洗器では洗うことができない食器や調理器具などもあるため、通常の食器洗い用洗剤や水切りカゴも必要になってきます。水切りカゴに関しては、水切りマットなどを使っても良いでしょう。必要な時だけカウンターに敷いて使えるよう不要な時はしまっておくと、カウンターの上を広く使うことができます。

そして、定期的に食洗器内の洗浄などのお手入れもするようにしましょう。

食洗器が壊れた!買い替えに役立つ情報をまとめました

食洗器で手に入るメリット

注意するべき点はありますが、食洗器を導入するメリットはたくさんあります。その1つがとてもきれいに洗えるということです。普段手洗いをしていると食器に付着した油がなかなかスッキリ取れなかったり、グラスがだんだんくもってきたりということがあります。

食洗器は高い水温で洗い、また水流自体も高圧です。さらに食洗器用の洗剤には通常の食器洗い用洗剤には含まれていない成分も入っているため、とてもきれいに付着した汚れを落としてくれます。洗い終わった食器やグラスはむしろ手洗いよりピカピカになっているくらいですから、洗い残しのストレスが減るでしょう。

2つ目は、手洗いをする場合に比べてエコということです。食洗器の運転時間は手洗いよりも長いため、本当にエコなのかと感じてしまう方もいるかもしれません。ですが、手洗いをする場合は、泡をキレイに落としきるまでに意外とたくさんの水を使ってしまっているものです。

食洗器で有名なメーカーであるパナソニック製品では食洗器を使った場合、手洗いに比べると必要な水の量は約4分の1から6分の1とも言われています。消費電力が気になる方は、エコタイプの食洗器を選ぶと良いでしょう。

自動で節電してくれるため、過剰な電力消費を防いでくれます。3つ目としてはやはり家事が楽になり、時間の有効活用ができるということです。食器洗い、そしてその後の食器を拭いて棚にしまうという作業は思いのほか時間を取り、そして労力も使います。

食洗器を使うことで作業が楽になり、今までそれに費やしていた時間を他の家事をするために使えたり、家族と過ごす時間に使えるなど自分の為に使うことができるのです。